世界的金融危機の引き金となったリーマン・ショックを解説

2012年現在、世界には大きな金融危機が訪れていて、経済全体が落ち込んでいます。そのきっかけとも言うべき出来事が、リーマン・ショックです。皆さんもニュースで聞いたことがあるとは思いますが、これは本当に大変な出来事でした。今の経済を知るためにはこのことを分かっておく必要がありますので、詳しく見ていきましょう。

リーマン・ショックとは
そもそもリーマン・ショックとは何かというと、2008年9月15日にアメリカ合衆国の投資銀行の一つ、「リーマン・ブラザーズ」が破綻したことを言います。この投資銀行はアメリカを代表する大きな組織だったため、経済に与えるインパクトは相当なものでした。なお、リーマン・ブラザーズの破綻に続く金融危機、不況なども含めてリーマン・ショックと言う場合もあります。

リーマン・ショックのきっかけ
リーマン・ショックが起こったきっかけは、2007年に起こったサブプライムローン問題と言っても過言ではないでしょう。これによってアメリカの住宅バブルが崩壊したため、そこに投資していた組織は大きな損失を被りました。リーマン・ブラザーズもその一つです。世界的な投資銀行であるリーマン・ブラザーズはこれをきっかけに破産したため、他の大きな投資銀行も同じ末路を歩むのではないかという不安が広がり、金融危機、経済危機が訪れたのです。

リーマン・ショックの影響
リーマン・ショックによって様々な経済的な影響があったわけですが、ここで最も考えなくてはならないのが、今までの市場経済の理論が必ずしも正しいとは言えなくなった、ということです。このことをきっかけに市場に何もかも任せていればいい、お金を儲けさえすればいいというアメリカ型の資本主義がどれだけもろいのかが浮き彫りになったのです。そのような姿勢を是正しようという動きは世界的に見られるようになり、様々な議論が交わされています。今後経済はどのようになるのか、注視していかなければならないでしょう。

埼玉 相続

関連検索 削除

福岡 整体

市原市 歯科

中国語 名古屋